子宮内膜症の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には、子宮内膜症の起きた部位や症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)・進行状況等によって色んな治療法があると思います。症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)がそれ程進行しておらず、軽い状態の時には漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)などといった処方で様子をみることもあるんですけれど、一般的に始めのうちには薬を用いての治療が行われます。痛みどめや低用量ピルで女性ホルモン(現代の女性は昔の女性に比べると、分泌量が減っているのだそうです)の調整をするホルモン療法などが行われます。ピルの服用により月経を止めることで、子宮内膜症の進行を抑える方法なのです。薬での治療としては、それ以外にもダナゾール療法といわれている男性ホルモン(筋肉量の増加を促したり、性欲を増したり、体毛が濃くなったりなどの作用があると考えられています)系の投与もありますが、さまざまな副作用もあります。もっと症状が進行している時には、手術をうける事になります。手術には根治手術と保存手術の2種類があります。根治手術は完全に病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を治療行う事になるため、子宮と卵巣の全部を摘出してしまったりする事になりますね。病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)は根治しますが、その変わりに子宮と卵巣を失うので、子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)を作る事が出来なくなるというデメリットがあります。一方の保存手術の中でも二種類あり、卵巣のみ残して子宮を摘出する手術と、子宮も卵巣ものこして腹腔内手術を行う方法なのです。もちろん、これらは病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)の進行状態によって決められることになります。子宮をとってしまうと自分で子供を産むことはできなくなりますが、卵巣が残っていれば卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)を取り出すことができるので、自分の卵子を用いて代理母に産んでもらうという方法が使えますー